香山 雄太郎

香山 雄太郎

愛しのバットマン(漫画)の主人公。読みは「かやま ゆうたろう」。香山 リカとは親族関係にある。

登場作品
愛しのバットマン(漫画)
正式名称
香山 雄太郎
ふりがな
かやま ゆうたろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

東京ロビンズに所属するプロ野球選手。チームが誇る4番バッターで、ポジションはレフト。球界一の巨体の持ち主だが、真面目で几帳面な性格で、とにかく細かいことをよく気にする。男気にあふれ、温厚な性格だが、怒らせると怖い。愛妻家で妻の香山リカにぞっこん。趣味は読書。東京ロビンズの中心的存在だったが、新オーナーとなった佐賀田により、万年最下位の鹿児島サザンクロスへトレードされる。

1億円プレーヤーであったことも影響し、移籍当初はチームの中で浮いていたが、野球に真剣に取り組むその姿勢はチームメイトの心を動かす。やがてチームは彼を中心にまとまっていき、リーグ優勝を目指すまでになる。

鹿児島サザンクロス移籍後は、ポジションがレフトからファーストに移った。

関連人物・キャラクター

香山 リカ

香山雄太郎の妻。実家は日本でも有数の資産家万里小路家で、親の反対を押し切り、香山雄太郎と結婚した。日本舞踊藤水流の師範代を務め、名取は香世乃。結婚前は遊び人のお嬢様として知られていたが、結婚後は落ち着... 関連ページ:香山 リカ

関連キーワード

東京ロビンズ

『愛しのバットマン』の登場にするプロ野球チーム。香山雄太郎をドラフト一位で獲得した。ホームスタジアムはトーキョーベイスタジアム。チームとしての実力はそれほど高くなく、Aクラス入りは珍しい。長らく不動産会社を経営する横田十蔵がオーナーだったが、佐賀田が社長を務めるゲームメーカーに身売りされた。

鹿児島サザンクロス

『愛しのバットマン』の登場にするプロ野球チーム。香山雄太郎がトレードによって移籍した。ホームスタジアムは南国球場。5年連続最下位の弱小チームで、選手たちもすっかりやる気を失っている。オーナーは、鹿児島のホテルや観光会社をたばねる伍代グループを率いる伍代はな。

登場作品

愛しのバットマン

日本プロ野球界を舞台に、馬鹿がつくほど真面目な4番バッターが、成績下位の弱小チームで奮闘する姿を描く。基本的には一話完結形式。スランプと戦う姿や私生活の悩みなど、人間としての選手の姿にスポットを当てた... 関連ページ:愛しのバットマン

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
香山 リカ
中条
有働 大樹
横田 十蔵
伍代 はな
集団・組織
logo