馬来 小兵太

馬来 小兵太

カムイ外伝 第二部(漫画)の登場人物。読みは「まらい こへいた」。柳生厳包とはライバル関係。馬来十蔵とは親族関係にある。

登場作品
カムイ外伝 第二部(漫画)
正式名称
馬来 小兵太
ふりがな
まらい こへいた
関連商品
Amazon 楽天

概要

馬来十蔵の幼い息子。父の仇を捜して一人旅をしている時、ウツセがその仇とは知らず知り合い、一緒に旅をするようになって剣を教えられた。後に尾州柳生の地でカムイ、ウツセと立ち会った柳生厳包が父を殺させたことを知るが、敗北した柳生厳包を仇討のため斬ろうとして果たせず、立ち会った阿多棒心からそれでいいと諭された。

関連人物・キャラクター

馬来十蔵

丹波の山中に暮らす実直な土侍だったが、阿多棒心に草薙の太刀を教わったことから剣の道を志し、諸国修行の旅に出た。やがて将軍家剣法指南役柳生飛騨守宗冬から江戸柳生にも勝るその腕を見込まれ、密書を尾州柳生の... 関連ページ:馬来十蔵

柳生厳包

後に号した柳生連也斎の名で知られる、柳生新陰流正統五世を相伝した尾張藩剣法指南役。鍛えさせた刀を、死体斬りによって仕込んで使う剣豪。土雲(どうん)の小頭から下男として預けられた下忍のウツセが新陰流の秘... 関連ページ:柳生厳包

登場作品

カムイ外伝 第二部

江戸時代の寛文年間、非人とされる部落民から忍者となったカムイは非情な宿命に反逆して抜け忍となり、追っ手の追忍たちに狙われては打ち倒していく。逃亡の旅の中で同じ抜け忍や盗賊一味の小頭など、様々な困難を背... 関連ページ:カムイ外伝 第二部

SHARE
EC
Amazon
logo