馬 麗娜

馬 麗娜

からくりサーカス(漫画)の作品登場人物。読みは「まぁ りいな」。

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
馬 麗娜
ふりがな
まぁ りいな
関連商品
Amazon 楽天

概要

しろがね」と自動人形(オートマータ)との総力戦であるサハラ戦で、真夜中のサーカスのテントに突入した「しろがね-O」のひとり。両腕と両足に特殊形状記憶合金のドリルを内蔵した女性。第3試合「4つの扉」で、加藤鳴海スティーブ・ロッケンフィールドと同じ扉に入った。3人が殺し合って残った者のみ先に進めるというルールを鳴海が無視し、ロッケンフィールドを進ませたために鳴海と残る羽目になる。しかし、鳴海の思いつきでドリルで壁を壊し隣のフロアにいたフェイスレスと合流した。フェイスレスと鳴海はさらに隣のフロアに向かったため、麗娜だけがその先に進んだ。

フランシーヌ人形」の間では、他の「しろがね」たちと協力して鳴海をサポートするために戦った。鳴海を助けるために最古の四人であるアルレッキーノと戦い、必殺技の「緋色の手」を食らって死亡する。

登場作品

からくりサーカス

拳法の達人である加藤鳴海と、莫大な財産を相続したため親族に命を狙われるようになった才賀勝、そして「しろがね」を名乗るエレオノールという女性を中心にした、人類と、人類に仇なす自動人形との戦いを描いたファ... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon
logo