駒沢 花

駒沢 花

花のズボラ飯(漫画)の登場人物。読みは「こまざわ はな」。別称、ハナコ。ゴロさんとは親族関係にある。

登場作品
花のズボラ飯(漫画)
正式名称
駒沢 花
ふりがな
こまざわ はな
別称
ハナコ
関連商品
Amazon 楽天

概要

東京に住む30歳(連載開始当初)の主婦。夫であるゴロさんが単身赴任することになり、家の留守を預かっている。電車で3駅先の本屋にパート勤務しており、そこの店長の奥さんが作るおしるこに目がない。テンションが上がると自身のことを「ハナコ」と呼ぶ。ダジャレが好きでボキャブラリーが豊か、楽しい人物像を思わせるが、意外にも気性が激しく、パート先の客に脳内で痛烈なツッコミを行うことも。

ズボラな性格が災いしてか、家の中はかなり散らかっている。また、手間いらずで美味しい手抜きご飯(ズボラ飯)を好む。ただし、料理は苦手というわけではなく、夫のゴロさんが帰ってくる際は手間暇かけた料理を作る。大学自体に病気をして、子どもができにくい体になっているため、たまに親子を切ない表情で見つめている。

関連人物・キャラクター

ゴロさん

駒沢花の旦那で現在は長期の単身赴任中。福岡市、神戸など、各地を転々としているほか、シンガポールにも出張することがある。『花のズボラ飯』の作中では顔や姿、会話などの描写がなく、駒沢花からの視点で語られているのみとなる。彼女曰く、惚れ惚れするほどの食べっぷり、綺麗好き、非喫煙者の男性。

関連キーワード

本屋

『花のズボラ飯』の登場人物・駒沢花がパート勤務している場所。駒沢花の家から電車で3駅の場所に位置している。

主婦である駒沢花と、その夫のゴロさんが暮らす家。現在ゴロさんは単身赴任で不在。駒沢花のズボラな性格が災いして、家の中はゴミや脱いだままの洋服などで床が見えない状態となっている。また、冷蔵庫の中も食材が... 関連ページ:

登場作品

花のズボラ飯

夫が単身赴任中の主婦・駒沢花(ハナコ)が、手抜きご飯(ズボラ飯)で日々を乗り切ろうとするグルメ漫画。駒沢花のみの視点で描かれる、一話完結の物語。一話ごとに必ずひとつのズボラ飯が描かれる。原作は『孤独の... 関連ページ:花のズボラ飯

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
ミズキ
場所
その他キーワード
ズボラ飯
logo