骨飢身丸

骨飢身丸

変身忍者 嵐(漫画)の登場人物。読みは「ほねがみまる」。

登場作品
変身忍者 嵐(漫画)
正式名称
骨飢身丸
ふりがな
ほねがみまる
関連商品
Amazon 楽天

概要

ハヤテが戦う血車党の副首領。死人の化身忍者で、首を切断されない限り、何度でも生き返ることができる。生前にかかった病の影響か、顔の左半分の肉がそげ落ち、骨が露出した容貌をしており、体中に包帯を巻いている。昔、綱手姫という恋人がいた。悪の組織の幹部でありながら、死ぬ間際、女性不信に陥りかけていたヤハテに不変の愛が存在することを説いた。

説話の登場人物・小栗判官をモチーフとしたキャラクター。

関連キーワード

血車党

『変身忍者 嵐』に登場する忍者組織。魔神斎を首領と仰ぎ、実際の指揮は副首領の骨飢身丸がとる。徳川幕府治める世を良しとせず、化身忍者の力をつかって人々を支配しようと目論む。ハヤテの父嵐鬼十もかつては血車... 関連ページ:血車党

登場作品

変身忍者 嵐

時代は江戸時代初期。ハヤテは悪の忍者集団血車党に父を殺されてしまう。化身の術を使い変身忍者嵐となったハヤテは、血車党の野望を打ち砕くため、血みどろの戦いを続けていく。 関連ページ:変身忍者 嵐

SHARE
EC
Amazon
logo