骸延

銀河戦国群雄伝ライ(漫画)の登場人物。読みは「がいえん」。骸羅とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
銀河戦国群雄伝ライ(漫画)
正式名称
骸延
ふりがな
がいえん

総合スレッド

骸延(銀河戦国群雄伝ライ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

五丈四天王のひとりであり、後の大五丈皇帝・骸羅の末弟。兄たちと同じく南蛮の血を引く獣頭人身の男だが、武力一辺倒の兄とは違って知略に優れ、様々な助言を与えて補佐した。しかし、玄偉の幻影に悩まされて正気を失った骸羅に、根も葉もない疑いをかけられた挙句、目の前で妻子を惨殺されたことから精神崩壊に陥ってしまう。

かつては、比紀弾正の相談役であった李張道士の元で学んでおり、玄偉の腹心である華玉とは兄弟弟子の間柄である。

登場人物・キャラクター

比紀弾正の旗揚げ時からの宿将で、南蛮人の血を引く虎頭の巨漢。見た目通り、相手を腕力で捻じ伏せる強引な性格で、用兵も力押しの突撃ばかりだが、五丈四天王の一角に座すほどの武勇を誇る。主君の死後、比紀弾正の...
五丈四天王のひとりである玄偉の腹心。誰もが認める美女だが、それだけでなく優れた頭脳も併せ持つ才女。また、比紀弾正の相談役であった李張道士の弟子でもあり、道士としての術も心得ている。竜我雷が、主の覇業の...

関連キーワード

『銀河戦国群雄伝ライ』に登場する国家。首都星は武王都。神聖銀河帝国崩壊後に比紀弾正が一代で築き上げた国で、銀河北天のほぼ全域に及ぶ広大な領土を誇る。比紀弾正が没した後は、麗羅を傀儡に立てた骸羅が実権を...

登場作品

270年にわたって広大な宇宙を支配していた神聖銀河帝国は、第十三代皇帝・光輝帝の崩御によってその命運を終えた。帝国崩壊による混乱のなか、いち早く名乗りを上げたのは元帝国左将軍・比紀弾正。強力な軍勢によ...