骸羅

銀河戦国群雄伝ライ(漫画)の登場人物。読みは「がいら」。鳳鳴とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
銀河戦国群雄伝ライ(漫画)
正式名称
骸羅
ふりがな
がいら

総合スレッド

骸羅(銀河戦国群雄伝ライ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

比紀弾正の旗揚げ時からの宿将で、南蛮人の血を引く虎頭の巨漢。見た目通り、相手を腕力で捻じ伏せる強引な性格で、用兵も力押しの突撃ばかりだが、五丈四天王の一角に座すほどの武勇を誇る。主君の死後、比紀弾正の遺児・麗羅を擁立し、同時にそれまで何かと反目していた鳳鳴玄偉を闇討ちして五丈国の実権を掌握した。

その後、傀儡化していた麗羅を排斥し、国号を大五丈と改めて、初代皇帝の座につく。逆らう者を皆殺しにする彼の治世は暴虐を極め、宮廷は放漫の限りを尽くして酒池肉林と化した。骸羅の悪政に五丈国の民は塗炭の苦しみを味わうこととなり、それが竜我雷旗揚げの大義となるのだった。

登場人物・キャラクター

五丈国の国主・比紀弾正が晩年に授かった娘。父親に直訴する竜我雷の姿を見かけて以来、彼に関心を持ち、何かと絡むようになる。権勢を誇る父に甘やかされたせいか、男勝りで奔放、感情を隠さない我儘な性格で、周囲...
かつては神聖銀河帝国の左将軍として名声を馳せた男で、麗羅の実父でもある。皇帝の崩御により帝国が瓦解すると、いち早く軍を起こし、その圧倒的なカリスマ性で多くの勇将を味方に引き入れつつ、瞬く間に北天を制圧...
比紀弾正が誇る五丈四天王の筆頭で、常に仮面を付けた冷酷な将軍。序列上では、比紀弾正に次ぐ五丈国のナンバー2に位置し、多くの将兵を指揮する立場にある。外様である玄偉の台頭を恐れ、度々失脚させようと試みた...

関連キーワード

『銀河戦国群雄伝ライ』に登場する国家。首都星は武王都。神聖銀河帝国崩壊後に比紀弾正が一代で築き上げた国で、銀河北天のほぼ全域に及ぶ広大な領土を誇る。比紀弾正が没した後は、麗羅を傀儡に立てた骸羅が実権を...

登場作品

270年にわたって広大な宇宙を支配していた神聖銀河帝国は、第十三代皇帝・光輝帝の崩御によってその命運を終えた。帝国崩壊による混乱のなか、いち早く名乗りを上げたのは元帝国左将軍・比紀弾正。強力な軍勢によ...