高円寺 マキト

高円寺 マキト

華麗なる食卓(漫画)の登場人物。読みは「こうえんじ まきと」。別称、マキト。

登場作品
華麗なる食卓(漫画)
正式名称
高円寺 マキト
ふりがな
こうえんじ まきと
別称
マキト
関連商品
Amazon 楽天

概要

カレー職人。シンガポール生まれの金髪の青年。幼い頃から料理人を志し、12歳の時に亡くなった母親の作ったカレーを再現しようと試みたときから、「カレー中毒者」となった。以降、インド、タイ、スリランカ、パキスタンなど各国を巡り修行を続けてきた。しかしそれでも母のレシピを再現しても美味しくならないことから、かつて母のカレーを取材し、『近代亜細亜料理紀行』という本に書いたルポライターの佐久間鋭司を探しはじめる。

料理修業の旅の途中で出会った曽根崎総一郎が佐久間を知っていると聞き、彼の店「カレーハウス クッキングガネーシャ」を訪ねるが、総一郎は行方不明になり、店は人手に渡りかけていた。そこで恩人の店を立て直すため、総一郎の娘である曽根崎結維と共に、「ガネーシャ」を立て直すべく奮闘を始める。

客のことを第一に考える性格。度を越したスケベ。関西弁で喋る。

登場作品

華麗なる食卓

女子高校生の曽根崎結維が助けた行き倒れの青年・高円寺マキトは、彼女の父・曽根崎総一郎と会う約束をしていたカレー職人だった。しかし曽根崎総一郎はカレー作りの修行に行くと言って出て行ったきり、一年以上音沙... 関連ページ:華麗なる食卓

SHARE
EC
Amazon
logo