高嶺 竜児

リングにかけろ(漫画)の主人公。読みは「たかね りゅうじ」。別称、竜。

  • 高嶺 竜児
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
リングにかけろ(漫画)
正式名称
高嶺 竜児
ふりがな
たかね りゅうじ
別称

総合スレッド

高嶺 竜児(リングにかけろ)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

山口県仁保の貧しい家庭に育つ。今は亡きボクシング世界ランカーの父を持ち、姉菊と共に父の夢であった世界チャンピオンを目指して日々トレーニングを積んでいた。しかし、母の再婚相手の虐待に耐えられなくなり、菊と共に東京へ家出する。そこで亡き父と縁のあった三条家の人々や、ボクシングジムを営む大村蔵六、そして最大のライバル剣崎順と出会い、厳しくも順調なボクサー人生を歩み始める。

そして中学進学後は剣崎をはじめ、香取石松志那虎一城、河合武士ら強力なライバルたちと出会い、「黄金の日本Jr.」と呼ばれるまでの選手に成長する。スーパー・ブローは「ブーメラン・フック」、「ブーメラン・スクエアー」、「ブーメラン・テリオス」「ウィニング・ザ・レインボー」。

関連キーワード

『リングにかけろ』に登場するJr.ボクシングチーム。世界大会終了後、突如来襲したギリシアJr.(十二神)に対抗すべく結成された世界選抜チーム。日本Jr.の5人に、影道一族の総帥、ドイツJr.のスコルピ...
対影道一族戦直前に、竜児が大村蔵六から授けられた武器。メリケンサックのように拳に装着して使う。影道一族戦では、ただの攻撃力アップの道具でしかなかったが、ギリシアJr.(十二神)戦において、このアイテム...

登場作品

山口県の貧しい家庭に生まれ育った高嶺竜児は、ボクシングセンスに恵まれた姉菊をトレーナーに、日々のトレーニングに励んでいた。それは亡き父のボクシング世界チャンピオンになるという夢を実現させ、苦労をしてい...