高市皇子

天上の虹(漫画)の登場人物。読みは「たけいちのみこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天上の虹(漫画)
正式名称
高市皇子
ふりがな
たけいちのみこ

総合スレッド

高市皇子(天上の虹)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

大海人皇子と妃嬪の尼子娘の間に産まれた長男。百済出兵のため政府が筑紫に移動している間に、父の大海人の正妃、大田皇女が大伯皇女と大津皇子を、鵜野讃良皇女草壁皇子を産んだことを目の当たりにし、己が跡継ぎとして認められないという身分の差を身をもって理解していた、頭の良い少年。

大海人と額田王の娘である十市皇女と両思いだったが、中大兄皇子の息子の大友皇子に奪われてしまう。そして、いつか大友より立派な男になって十市を取り戻すと誓い、勉学に励み武学をきわめるため努力を重ねる。そのいじらしさと強さを認めた讃良から教材を譲り受けるなど、目をかけられるようになる。

歴史上の実在の人物、高市皇子がモデル。

登場作品

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子を父に、その弟の大海人皇子を夫に持ち、自らも天皇の座に就いた女帝、持統天皇こと、鵜野讃良皇女。幼い頃、政権に固執して祖父の命と母の心を奪った冷酷な父、中大兄皇子への憎し...