高木 優一

湾岸ミッドナイト(漫画)の登場人物。読みは「たかぎ ゆういち」。

  • 高木 優一
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
湾岸ミッドナイト(漫画)
正式名称
高木 優一
ふりがな
たかぎ ゆういち

総合スレッド

高木 優一(湾岸ミッドナイト)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

年齢は50歳前後で北見淳の少し下。利益率のいい外車の整備を専門にしている「ボディショップSUNDAY」の社長。坊主頭に小太りで眼鏡をかけていて、いかにも胡散臭い人物。得意技は保険のかかった車の整備費に利益をノセること。若い頃は悪魔のZのボディを作った鉄とアルミの天才だったが、最近は自ら整備することはなかった。

朝倉アキオに出会い、情熱に突き動かされ、大破した悪魔のZのボディをもう一度自ら組み直した。アキオに対しては妙に強がるが、北見に対しては頭が上がらない。

登場人物・キャラクター

年齢は50歳前後。悪魔のZのエンジンを組んだ「地獄のチューナー」と呼ばれる天才チューナー。1973年の富士サーキットにメカ兼ドライバーとしてデビューし、いきなりポールポジションを取っている。以来、一時...

関連キーワード

『湾岸ミッドナイト』に登場する朝倉アキオの愛車。青いフェアレディZ(S30Z)。北見淳が見つけ出し、ツインターボ化して馬力を与えたエンジンと、高木優一が制作したボディで構成されている。600馬力の過激...

登場作品

高校生の朝倉アキオは、車の解体工場で1台の事故車に出会う。この車は悪魔のZと呼ばれるいわくつきの車だったが、アキオは魅力を感じ、手に入れる。それからのアキオは悪魔のZにとりつかれたように、深夜の首都高...