高杉 リサ

高杉 リサ

緋の稜線(漫画)の登場人物。読みは「たかすぎ りさ」。高杉龍一とは親族関係にある。

登場作品
緋の稜線(漫画)
正式名称
高杉 リサ
ふりがな
たかすぎ りさ
関連商品
Amazon 楽天

概要

高杉龍一高杉寿々子の養子。戦争孤児で高杉市子達と4人で焼け跡を放浪していたところを、高杉寿々子にひきとられ育てられる。米軍兵だった父と日系二世の母との間に生まれ、亜麻色の髪でスタイルの良い体型をしている。成長して外務省に勤務する。各務瞳子の長男各務健吾に思いを寄せる。

関連人物・キャラクター

高杉龍一

各務瞳子の幼馴染で第二次世界大戦時には特攻隊員として出征。復員後は「隼の龍」の異名でヤクザとして生活していたが服役。出獄後、各務瞳子の姉である胡桃沢寿々子(高杉寿々子)と結婚。関東高山組の四代目を襲名... 関連ページ:高杉龍一

各務健吾

昭和21年(1946年)に誕生する。各務瞳子と各務昇吾の長男。幼い頃、母各務瞳子の幼馴染嵯峨美新之助の母に連れ去られたことがある。学業は優秀でT大学に入学し、卒業後は菱屋百貨店を経営する母各務瞳子の紹... 関連ページ:各務健吾

登場作品

緋の稜線

昭和元年、旧家・胡桃沢家に生まれた各務瞳子は、女性の生き方に疑問を覚えながらも、望まない見合いをして各務昇吾に嫁ぐ。夫・各務昇吾は結婚後すぐ出征し、家業の菱屋百貨店は第二次世界大戦で崩壊する。終戦後菱... 関連ページ:緋の稜線

SHARE
EC
Amazon
logo