高杉 久留里

高杉 久留里

高杉さん家のおべんとう(漫画)の登場人物。読みは「たかすぎ くるり」。高杉温巳、高杉美哉とは親族関係にある。

登場作品
高杉さん家のおべんとう(漫画)
正式名称
高杉 久留里
ふりがな
たかすぎ くるり
関連商品
Amazon 楽天

概要

高杉温巳の従姉妹で、母親は高杉美哉温巳のことをハルと呼ぶ。東京で美哉と二人で暮らしていたが、12歳のときに美哉が交通事故死してからは温巳のもとで暮らす。小学生の頃から芸能界のスカウトが来るほどの美少女だが、そのことがきっかけでいじめに遭ったこともあり、人となかなか打ち解けようとしない。

友だちと言えるのは香山なつ希、丸宮光、園山奏くらいである。温巳とも当初はぎくしゃくしていたが、弁当作りをきっかけに心を開くようになる。温巳との間に血縁関係が無いことが判明しても、家族の絆は揺らずにいた。しかし、しだいに温巳のことを家族以上の存在として意識するようになる。

好きなことは家事。特に買い物の節約が大好きで、スーパーの特売にも目がない。料理は弁当作りをしているうちに上達した。毎日のジョギングを欠かさず、運動神経もいいが部活は文芸部。中学時代は幽霊部員だったが、高校に入ると3年に部長を務めるなど積極的に活動している。

関連人物・キャラクター

高杉温巳

地理学の博士号を持つオーバードクターで、当初は東山中学校の非常勤講師だったが、後にN大学の助教となる。未成年後見人として高杉久留里を引き取ってからは寡黙で人見知りな彼女との対話に苦労するが、弁当作りを... 関連ページ:高杉温巳

高杉美哉

高杉久留里の母親。高杉温巳にとっては叔母(温巳の父の妹だが、実は養子縁組で血縁関係はない)であり、初恋の相手でもある。かつては温巳の弁当を美哉が作っており、その味が知らぬ間に高杉家の絆となっていた。温... 関連ページ:高杉美哉

登場作品

高杉さん家のおべんとう

主人公の青年、高杉温巳はある日、急に母を失った従妹の高杉久留里の保護者として、少女と二人きりで同じ家に住むことになる。性格や考え方の違いのために、いろいろな問題が生じるが、毎日の弁当作りといった何気な... 関連ページ:高杉さん家のおべんとう

SHARE
EC
Amazon
logo