高杉 和也

俺たちのフィールド(漫画)の主人公。読みは「たかすぎ かずや」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
俺たちのフィールド(漫画)
正式名称
高杉 和也
ふりがな
たかすぎ かずや

総合スレッド

高杉 和也(俺たちのフィールド)の総合スレッド
2016.08.23 17:40

概要

物語開始時点では小学5年生で、地元の少年サッカーチーム「さくら町キッカーズ」に所属。プロサッカー選手の父親高杉貫一のことが大好きで、父親譲りの瞬発力と並外れたキック力、決定力の持ち主。父親の死後はしばらくサッカーはやめ、その後、本条高校2年時に末次浩一郎から挑戦を受けたことをきっかけにサッカーを再開する。

末次浩一郎のいる高清水高校に勝利し、全国高校サッカー選手権に東京代表として出場。磯野拓郎率いる有明水産を破り優勝。選手権優勝後はフリーカメラマンの時任あきらに勧められアルゼンチンへ渡る。アルゼンチンではプロサッカーチーム、ボカ・セントラル4軍に入団するが、1軍相手の試合でダミアン・ロペスらを相手に健闘したことが認められ1軍へ昇格。

ボカ・セントラル1軍ではなかなか試合に出られなかったが、ライバルチームのリーベル・パシフィックとの試合で先発出場を果たす。リーベル・パシフィックに移籍していたダミアン・ロペスらと激しい試合を演じた後、日本へ帰国。高杉貫一死後の弱体化したJ1リーグヤマキ自工に入団し、バンディッツ東京と改称したチームをナビスコ杯優勝およびJリーグ入りへと導く。

バンディッツ東京がJリーグ昇格した後は、2年めにJリーグ得点王に輝くとともにチーム優勝の原動力となった。その後は日本代表にも選出される。伊武剣輔が率いるリザーブ・ドッグズのメンバーとして力をつけ、日本代表を初のワールドカップ出場に導くなど、日本の中心選手として活躍する。

登場作品

有名サッカー選手である高杉貫一を父に持つ少年高杉和也は、サッカーを心から愛する少年だったが、父親を事故で失ってからサッカーをやめていた。しかし高校で再びサッカー部に入り、幼なじみでライバルでもある騎場...