高杉 大二郎

高杉 大二郎

警察署長(漫画)の登場人物。読みは「たかすぎ だいじろう」。

登場作品
警察署長(漫画)
正式名称
高杉 大二郎
ふりがな
たかすぎ だいじろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

椎名啓介堂上滉一が警察庁に入庁後、警察大学校で同期となる。教科書とヘッドホンを片時も手放さない変わり者。ほどなく交通事故で死亡するが、警察は飲酒運転と断定。しかし高杉は酒が飲めなかった。没後、高杉が死ぬ前日に出した手紙が啓介に届く。警察庁幹部や遺族はその内容を知りたがったが、啓介は誰にも見せなかった。

高杉の死が啓介のその後の処遇に大きく影響したとされるが、手紙の内容も含めて真相は不明。

関連人物・キャラクター

椎名啓介

38歳の警視正。妻・椎名英子、娘・椎名由美。柔道6段。幼い頃に父を亡くし、本池上で母と2人で暮らしていた。東京大学法学部から国家公務員Ⅰ種試験首席合格を経て、警察庁へ。その後何らかの経緯があって本池上... 関連ページ:椎名啓介

登場作品

警察署長

国家公務員Ⅰ種試験をトップ合格して警察庁へ進んだ椎名啓介。だがその後はなぜか出身地の本池上で、本池上署署長を10年にわたり務めている。警察官にとって出身地勤務は禁忌、また通常1〜2年で異動するキャリア... 関連ページ:警察署長

SHARE
EC
Amazon
logo