高杉 市子

高杉 市子

緋の稜線(漫画)の登場人物。読みは「たかすぎ いちこ」。高杉龍一とは親族関係にある。

登場作品
緋の稜線(漫画)
正式名称
高杉 市子
ふりがな
たかすぎ いちこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

高杉龍一高杉寿々子の養子。戦争孤児で高杉リサ達と4人で焼け跡を放浪していたところを、高杉寿々子に引き取られ、養女として育てられる。思春期を迎えた頃、共に引き取られた義妹・高杉リサが周囲の目を惹きつける姿に成長したことにコンプレックスを覚える。後に母高杉寿々子寿々子と同じく新聞社東亜日報に勤める。

関連人物・キャラクター

高杉龍一

各務瞳子の幼馴染で第二次世界大戦時には特攻隊員として出征。復員後は「隼の龍」の異名でヤクザとして生活していたが服役。出獄後、各務瞳子の姉である胡桃沢寿々子(高杉寿々子)と結婚。関東高山組の四代目を襲名... 関連ページ:高杉龍一

登場作品

緋の稜線

昭和元年、旧家・胡桃沢家に生まれた各務瞳子は、女性の生き方に疑問を覚えながらも、望まない見合いをして各務昇吾に嫁ぐ。夫・各務昇吾は結婚後すぐ出征し、家業の菱屋百貨店は第二次世界大戦で崩壊する。終戦後菱... 関連ページ:緋の稜線

SHARE
EC
Amazon
logo