高橋 兎男

DAI-HONYA(漫画)の登場人物。読みは「たかはし うさぎお」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
DAI-HONYA(漫画)
正式名称
高橋 兎男
ふりがな
たかはし うさぎお

総合スレッド

高橋 兎男(DAI-HONYA)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

主人公・紙魚図青春のパートナー。文鳥堂書店警備主任。小太りなメガネの中年男性。19年前に起きた幕張事件で、爆心地にいながら奇跡的に命を取りとめる。その時下半身を失い、腹から下はサイボーグになっている。昔は同人誌に書いていた。

登場人物・キャラクター

敏腕の一級書店管理官。文鳥堂書店の一大イベント「20世紀雑誌展」の開催に伴い、書店内の犯罪を防ぐため臨時で雇われる。大きいスーツケースにショットガンを入れて持ち歩いている。19年前の幕張事件で左手を失...

関連キーワード

犬追者町3丁目に存在する。200階まである超巨大書店で、販売する書籍の数は5億冊を超える。

登場作品

20XX年、活字離れや森林資源の不足によって起きた本の危機を守るため、「書店法」が成立。しかしこれは大型書店の独占を生みだし、それに対するテロ攻撃や本を巡る犯罪が日に日に増えてしまう。そんな中、文鳥堂...