高苑 真夜

高苑 真夜

幻影博覧会(漫画)の登場人物。読みは「たかぞの まや」。

登場作品
幻影博覧会(漫画)
正式名称
高苑 真夜
ふりがな
たかぞの まや
関連商品
Amazon 楽天

概要

藤枝博士の自宅に居候する少女で、藤枝博士の斡旋で松之宮探偵事務所で松之宮遥の助手として働くようになった。やや感情の起伏が乏しい面があったが、松之宮のことを深く信頼し、表情が次第に豊かになる。幼いころに両親が海外に旅立ったため、藤枝博士に預けられたと聞かされているが、真夜本人の記憶ははっきりしていない。

科学や語学など多種多様な分野に精通しており、また記憶力も非常に優秀。さらに時折、まるで見てきたかのように未来に起こる出来事を口にすることがある。松之宮の友人・楳実亮平がそのことに興味を示し調査を始めるが、かえって自分自身の力に違和感を覚えるようになった。松之宮探偵事務所での仕事に馴染んでいたところ、両親が帰国し、自分を迎えにくるという知らせが入る。

そのことを松之宮になかなか言い出せずにいたが結局話すこととなり、また別れが近くなると、松之宮のもとを去りたくないという正直な思いを吐露。しかし松之宮自身に諭され、両親とともに旅立とうとするが、とあるきっかけで迎えにきた人物は両親ではないことに気付く。

再び松之宮を頼ることとなった真夜は、自身が未来からやってきた人間だということを否応なく受け入れさせられることに。松之宮を騙していたということで一度は藤枝博士に不信感を抱くが、その後、藤枝なりに真夜を思っていたことを知る。最終的に松之宮への想いを断ち切り、藤枝の助言に従って関東大震災で生じるエネルギーを使うことで未来へと帰っていった。

登場作品

幻影博覧会

舞台は大正時代の東京。松之宮探偵事務所を営む松之宮遥が、聡明だがどこかミステリアスな助手の少女・高苑真夜とともにさまざまな謎めいた事件を、そして真夜が抱える秘密を解き明かしていくミステリー漫画。 関連ページ:幻影博覧会

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
松之宮 遥
上梓 陶子
楳実 亮平
竹下 七緒
藤枝博士
logo