高野屋文左衛門

高野屋文左衛門

さくらん(漫画)の登場人物。読みは「こうのやぶんざえもん」。別称、ご隠居。

登場作品
さくらん(漫画)
正式名称
高野屋文左衛門
ふりがな
こうのやぶんざえもん
別称
ご隠居
関連商品
Amazon 楽天

概要

遊郭玉菊屋に足繁く通う飄々とした遊び慣れした老人。三雲の名代として座敷にやってきたきよ葉に「新造嫌いの新造好き」と皮肉られるが、きよ葉の生意気さ加減と聡明さを気に入る。三雲の上客だが、彼女の前できよ葉を賞賛することで嫉妬心を煽るなど、いたずら心を見せる。後にきよ葉の水揚げを行い、初めての性交相手(初客)となる。

関連人物・キャラクター

きよ葉

幼少の折、女衒の虎次により玉菊屋に連れてこられ、遊女の下働きをする「禿」となりとめきと名付けられる。容姿に優れているが跳ねっ返りで、玉菊屋および吉原からの逃亡を図るなど、さまざまな騒動を起こす。少女に... 関連ページ:きよ葉

三雲

遊郭玉菊屋の遊女で花魁。かつては粧ひとは対立していたが、やがて成長したきよ葉に目をかける。きよ葉が座敷に上がる遊女となる「新造出し」のさいには、そのために必要な諸費用を肩代わりするなどの世話を焼く。静かで何を考えているか分からないところがあり、そこを高野屋文左衛門に気に入られている。

登場作品

さくらん

江戸吉原の遊郭に引き取られ、遊女として育てられた主人公きよ葉の恋愛と生き様を描く時代劇風の恋愛ストーリー。 関連ページ:さくらん

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
きよ葉
粧ひ
若狭屋の旦那
浅黄裏
場所
玉菊屋
logo