鬼咒 嵐

X(漫画)の登場人物。読みは「きしゅう あらし」。

  • 鬼咒 嵐
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
X(漫画)
正式名称
鬼咒 嵐
ふりがな
きしゅう あらし

総合スレッド

鬼咒 嵐(X)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

七つの封印のうちの一人。三角錐形の結界を作る。伊勢神宮の隠し巫女。体の中に伊勢神宮のご神体を隠していて、戦闘時に左の掌からご神体の剣を出して戦う。彼女の母も伊勢神宮の巫女だったが、学術調査で伊勢に来た大学生と恋に落ちて、鬼咒嵐を身ごもる。母は、鬼咒嵐七つの封印だと知り伊勢から出て行くが、鬼咒嵐を残して死んでしまう。

その後、食べる物にも困る生活をしていたところを伊勢神宮の老婆に拾われる。有洙川空汰から想いをストレートにぶつけられるが、冷たくあしらっていた。しかし次第に惹かれていき両想いになる。

登場人物・キャラクター

七つの封印のうちの一人。高野山のお坊さん。高野山の中にある高校に通う2年生。関西弁で話す。静電気を使って戦う。結界は半径3キロはある正方形の形。、高野山の星見の占いによって、3歳の時に親元から引き離さ...

関連キーワード

『X』で使用される用語。天の龍とも言う。天の龍が残れば、人々は生き延び地球は蝕まれ続ける。天の龍の者のみ結界を作る事ができる。結界の形は人それぞれ。

登場作品

X
母、司狼斗織の死の間際の言葉に従って、6年間離れていた東京にもどってきた司狼神威。天の龍にも地の龍にもなれる、強大な力を持つ司狼神威をめぐり戦いが始まる。天の龍とは地の龍に地震を引き起こさせないために...