鬼哭 流璃子

ゴッドサイダー(漫画)の登場人物。読みは「きこく るりこ」。別称、水魔ブロケル。

  • 鬼哭 流璃子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ゴッドサイダー(漫画)
正式名称
鬼哭 流璃子
ふりがな
きこく るりこ
別称
水魔ブロケル

総合スレッド

鬼哭 流璃子(ゴッドサイダー)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

魔王(サタン)が、天使長ルシファーであった頃に、その体から生まれた者たちの子孫である鬼哭一族のひとり。幼い頃、鬼哭霊気とともに育ち、彼から姉のように慕われていた。超能力で人類を助けていた鬼哭一族が、次第に恐れられ、疎まれるようになっていったという歴史に憤りを感じ、悪魔側の人間(デビルサイダー)として行動するようになる。

悪には染まりきれておらず、霊気との戦いをためらい、デビルサイダーの拠点、地獄境界線(ヘルス・ボーダー)に戻ったところを、裏切り者として捕らえられた。監禁されている最中も、霊気の身を案じ、その危機には幽体離脱を行って駆けつけ、霊気を救っている。

霊気に助けられた後は、神の側の人間(ゴッドサイダー)として戦うようになった。特にサポート系の技に優れており、冥界から魂を救い出す技、冥界逆葬送や、敵の攻撃エネルギーを吸収し無力化する鬼哭聖壁光などを使う。十天闘神のひとりで、「願」を司る弥勒菩薩を守護神とする。

登場人物・キャラクター

魔王(サタン)が、天使長ルシファーであった頃に、その体から生まれた者たちの子孫である鬼哭一族のひとり。育ての親である大日輪行仁により、記憶や力を封じられていたが、サタン復活を目論む悪魔側の人間(デビル...

関連キーワード

『ゴッドサイダー』に登場する一族。はるか昔、大天使ルシファーから生まれた人々の子孫を指す。その超常的な力により、人類の黎明期に生存を助けてきたが、かえってその力を恐れられ、迫害されるようになってからは...

登場作品

1987年、魔王(サタン)を復活させるため、彼の手下である「悪魔側の人間」(デビルサイダー)が、世界各地で人間の虐殺と破壊活動を始めた。日本で目覚めたデビルサイダーのドゥーインは、日本仏教界を取り仕切...