鬼姫

サスケ(漫画)の登場人物。読みは「おにひめ」。サスケとはライバル関係。九鬼一族とは親族関係にある。

  • 鬼姫
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サスケ(漫画)
正式名称
鬼姫
ふりがな
おにひめ

総合スレッド

鬼姫(サスケ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

大猿大助サスケに倒された九鬼一族最後の生き残りの幼い少女で、復讐のためキクと名乗ってサスケに近づいた。狼たちを従え、九鬼忍法の闇笛の法を使って毒蛇も操る。サスケはキクの正体を知って攻防を繰り返し、ヒカリゴケを使った蛍火の術で鬼姫を恐怖させたものの、反対に海ボタルを使って体を光らせた鬼姫に驚かされている。

大猿大助はやむなくサスケと共に旅に出たが、鬼姫の執念深い追撃によって無関係の人や愛犬まで殺されたことからサスケの怒りが爆発。鬼姫を流砂に誘い込んで殺しかけるも、良心の呵責に耐えかねて果たせなかった。その後大猿大助と同じ猿飛の一人で、易者と絵師を営む赤猿から天才的な絵の才能を見込まれた鬼姫は、描くことに没頭して復讐を忘れている。

登場人物・キャラクター

甲賀流忍者の父親大猿大助から猿飛の術を受け継ぎ、子供ながら微塵がくれや炎がくれなど様々な忍術を駆使する少年忍者。母親を公儀隠密に殺され、その思慕の念に強く囚われることになる。大猿大助と共に諸国を放浪し...

関連キーワード

自分より強い者を殺すことを生きがいとしていた九鬼炎海の息子の5つ子。大猿大助を倒そうとして父親が返り討ちにあったことを逆恨みし、大猿大助ばかりか猿飛忍群を根絶やしにしようと猟師に化けて襲ってきた。歯車...

登場作品

江戸時代初期、猿飛の術を使う甲賀流忍者の子供として生まれたサスケは父の大猿大助と共に諸国を放浪。徳川家康に逆らう猿飛の忍者を狙う公儀隠密や柳生忍群に追われながら、虐げられる百姓やキリシタンの味方となっ...