鬼形 礼

鬼形 礼

恐怖新聞(漫画)の主人公。読みは「きがた れい」。

登場作品
恐怖新聞(漫画)
正式名称
鬼形 礼
ふりがな
きがた れい
関連商品
Amazon 楽天

概要

私立石堂中学校に通う中学一年生の男子生徒。ある日突然「一日読むごとに寿命が百日ずつちぢまる」と言われる恐怖新聞が部屋に届く。恐怖新聞は拒否しても強引に配達され、読まされる。恐怖新聞を配達する霊を祓うことは難しいと言われた鬼形はやがて諦め受け入れるようになり、不可解な事件や霊の世界を知るようになる。

父の名は一、母の名は隆子で旧姓は磯辺。

関連人物・キャラクター

桐法大師

過去に出羽三山などで修行をつんだ徳の高い霊能者。65歳であり、現在は新潟県山中で仙人のような生活をしている。鬼形礼に憑りついたポルターガイストの除霊を頼まれる。

高見 光子

坂元町中学二年C組の女生徒。地縛霊となり新たな配達人になった鬼形礼に恐怖新聞を配達される。

関連キーワード

石堂町

関東にある架空の町。かつてはその一帯が石堂村と呼ばれていた。鬼形礼の通う私立石堂中学校がある他、周辺には第三小学校・第六小学校や石堂総合病院などがある。第十五話に出る大西町の壁村神社は電車に乗って四駅ほどの距離。紫光山霊場は石堂中学校付近から一日かかる距離にある。

登場作品

恐怖新聞

少年鬼形礼のもとに届く、「一日読むごとに寿命が百日ずつちぢまる」と言われる恐怖新聞を軸に、超常現象や不可思議な事件を描いた作品。つのだじろうが得意とする心霊オカルト漫画で同氏の代表作の一つ。 関連ページ:恐怖新聞

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
中川 緑子
logo