鬼火の五郎造

カムイ外伝 第二部(漫画)の登場人物。読みは「おにびのごろぞう」。

  • 鬼火の五郎造
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
カムイ外伝 第二部(漫画)
正式名称
鬼火の五郎造
ふりがな
おにびのごろぞう

総合スレッド

鬼火の五郎造(カムイ外伝 第二部)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

越後、信州、上州一帯を荒らした盗賊団の首領で、竜神の安兵衛海坊主の松造飯盛の吉次の三人の小頭以下、総勢30数名の手下を抱える。「金のない奴からは盗らねえ」「女は盗らねえ」「生命は盗らねえ」を信条としており、手下からの信頼も厚い。夜烏の六臓の密告により上田藩の奉行所に捕らえられ、手下たちを守るため自害して果てた。

享年50歳。

登場人物・キャラクター

盗賊鬼火の五郎造一味の小頭で、江戸の薬種問屋辻屋の番頭と偽る初老の男。カムイを尊敬し、その名のとおり竜神の刺青がある。カムイに頼まれて遊女のアキを身請けした後、子分の仁助が孫娘のおけいと共に山宿の番人...

登場作品

江戸時代の寛文年間、非人とされる部落民から忍者となったカムイは非情な宿命に反逆して抜け忍となり、追っ手の追忍たちに狙われては打ち倒していく。逃亡の旅の中で同じ抜け忍や盗賊一味の小頭など、様々な困難を背...