鬼灯 影斎

そよそよ。(漫画)の登場人物。読みは「ほおずき かげゆ」。

  • 鬼灯 影斎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
そよそよ。(漫画)
正式名称
鬼灯 影斎
ふりがな
ほおずき かげゆ

総合スレッド

鬼灯 影斎(そよそよ。)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

『そよそよ。』の登場人物。10年前に菊田早苗谷村暁の町に越してきたが、すぐまた別の土地へ引っ越してしまう。10年経って戻ってきたときは、世界的な映画スターになっていた。いつもはカリブ海の小島に住んでいるが、父が残した自家用ジェット機で早苗たちの町にやってくる。実は、彼の父の死と「木下一族の陰謀」はリンクしており、鬼灯の再訪はその真相を探るためであり、松伏戦国村の完成による「木下一族の陰謀」の復活を阻止するためであった。

忍者ショー「長宗とお菊」のクライマックスに乗じて、鬼灯は父から受け継いだ仕事を、父から受け継いだ忍者の技で遂行する。

登場人物・キャラクター

『そよそよ。』の主人公。22歳の女性。菊田燃料店のひとり娘で、吹き矢が趣味。「ふれあいセンター」で開いている「吹き矢教室」に通っている。谷村暁と鬼灯影斎は小学6年のとき同級生だった。大人になってからは...

関連キーワード

『そよそよ。』の舞台。キノシタレクリエイションが運営する戦国時代のテーマパーク。オープニングイベントは、「大阪冬の陣の再現ショー」。忍者屋敷劇場の地下に、「豊臣没落以降から続く木下一族の陰謀」の成就の...

登場作品

ベットタウンに住み、吹き矢が趣味の若い女性菊田早苗は、ある日街に建設中のテーマパーク「松伏戦国村」の若き経営者である木下長宗に見初められる。同じ頃、早苗と一時期小学校の同級生だった鬼灯影斎が、国際的映...