鬼王山 将広

バイオレンスジャック 関東鬼相撲編(漫画)の登場人物。読みは「おにおうざん まさひろ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バイオレンスジャック 関東鬼相撲編(漫画)
正式名称
鬼王山 将広
ふりがな
おにおうざん まさひろ

総合スレッド

鬼王山 将広(バイオレンスジャック 関東鬼相撲編)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

身長2m、体重220kgの元大関。桁外れの腕力で鬼川部屋を仕切るボス。海堂猛志に逃げられた怒りで仲間の相撲取りの首をへし折ってしまうほど凶暴。

関連キーワード

関東地獄地震後、生き残った相撲取りたちが住む相撲部屋。元大関・鬼王山将広を筆頭に、力にものを言わせた極悪非道な連中たちが集まる。弱者を脅し、自分たちの食糧を集めさせている。

登場作品

関東地獄地震で日本から切り離され、法の及ばない地獄と化した関東。鬼川部屋の相撲取り達は、腕力にものを言わせ、極悪非道な行いをする地獄の鬼となった。主人公・海堂猛志は、グループの少女たちを人質に取られ、...