鬼童丸

サスケ(漫画)の登場人物。読みは「きどうまる」。大猿 大助とはライバル関係。

  • 鬼童丸
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サスケ(漫画)
正式名称
鬼童丸
ふりがな
きどうまる

総合スレッド

鬼童丸(サスケ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

子供をさらっては親たちから身代金を奪っていた海賊たちの小頭。真の頭は乞食のふりをして子供のいる里に侵入し、鬼童丸以外は手下さえ密かに監視していた。だが八重垣の里の村長から頼まれた大猿大助によって鬼童丸は倒され、真の頭も不知火の浜で正体を暴かれ、殺されてしまった。

この時さらわれていた村の子供たちはサスケの活躍で、無事に帰還している。

登場人物・キャラクター

甲賀流忍者で真田幸村配下の猿飛忍群の一人であることから、大猿の名で呼ばれるサスケの父親。子供のころにさらわれ、忍者として育てられた。豊臣方の残党抹殺を狙う服部半蔵の娘率いる公儀隠密に妻を殺され、サスケ...

登場作品

江戸時代初期、猿飛の術を使う甲賀流忍者の子供として生まれたサスケは父の大猿大助と共に諸国を放浪。徳川家康に逆らう猿飛の忍者を狙う公儀隠密や柳生忍群に追われながら、虐げられる百姓やキリシタンの味方となっ...