鬼頭 哲

鬼頭 哲

男どアホウ甲子園(漫画)の登場人物。読みは「きとう てつ」。

登場作品
男どアホウ甲子園(漫画)
正式名称
鬼頭 哲
ふりがな
きとう てつ
関連商品
Amazon 楽天

概要

藤村甲子園が先生と尊敬する真の剛球剛腕の持ち主。元プロ野球投手。かつて八百長事件でプロ野球を永久追放された。南波高校の八百長試合をきっかけに起きた町の暴動の際、機動隊からその剛腕により甲子園と岩風を助け、新生南波高校野球部発足の際は、未登録の監督として夏の甲子園大会予選の開幕前日まで南波高校ナインを指導する。

その後、姿をくらますが、数年後阪神タイガースに入団した甲子園にかつての球のキレを戻すべく姿を現し、名無しの権兵衛として助言をする。

関連人物・キャラクター

藤村 甲子園

南波高校野球部投手、背番号1。東京大学野球部投手、背番号1。阪神タイガース投手、背番号111。左投左打。昭和29年5月5日、甲子園球場の隣の藤村家に長男として誕生。甲子園球場と阪神タイガースをこよなく... 関連ページ:藤村 甲子園

登場作品

男どアホウ甲子園

甲子園球場と阪神タイガースを愛する野球狂の祖父に、甲子園球場の名前を授かり誕生した伝説の剛球投手・藤村甲子園が、仲間やライバル達としのぎを削り成長する姿を描く。漫画家・水島新司の初期のヒット作。続編に... 関連ページ:男どアホウ甲子園

SHARE
EC
Amazon
logo