魔壁 弾正

魔壁 弾正

サスケ(漫画)の登場人物。読みは「まかべ だんじょう」。

登場作品
サスケ(漫画)
正式名称
魔壁 弾正
ふりがな
まかべ だんじょう
関連商品
Amazon 楽天

概要

欲が深く傲慢な笛吹城城主。10年前に商人の椿七兵衛が見つけたヒスイを奪おうと、椿七兵衛を責め殺した。その後、兄の仇の大猿大助を狙う糸瓜斬死郎と組んでヒスイが眠るミドリ沼を突き止めるが、沼に放たれたピラニアや烏頭の毒のため手が出せず、大猿大助の提案を受け入れて巨大な壺を作り、沼の水を吸い上げている。

しかし虐げられてきた百姓たちが壺を壊し、魔壁弾正はあふれ出した水の中でピラニアに喰い殺された。

関連人物・キャラクター

糸瓜 斬死郎

魔壁弾正と組み椿カスミを捕らえてサスケを追撃。武器とする鎖分銅の微塵は風車手裏剣さえ破るものだったが、サスケが新たに編み出した円月剣を受けて絶命した。

糸瓜 狂之助

笛吹城下に現れる辻斬り退治のため催された御前試合に参加し、大猿大助と引き分けた凄腕の浪人。顎が異常に長い。笛吹城主の魔壁弾正に雇われて大猿大助に再対決を挑むが、巨大な風車手裏剣に胴を寸断され死亡した。

登場作品

サスケ

公儀隠密など様々な敵を相手に、甲賀流少年忍者サスケが活躍する時代劇アクション。忍術を科学的解釈で描くことで、それまで忍法=魔法だった少年漫画を一変させた。 関連ページ:サスケ

SHARE
EC
Amazon
logo