魔導書

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ブラッククローバー(漫画)
正式名称
魔導書
ふりがな
ぐりもわーる

総合スレッド

魔導書(ブラッククローバー)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

概要

持ち主の魔力を高める魔法のアイテムで、年に1度、全国各地で15歳になる若者を集め、魔導書の授与式が催される。この魔導書を授かることで、若者たちは一人前の魔道士として、それぞれの道を踏み出していく。授けられる魔導書は個人の資質によって大きさや性質などが異なっており、なかには希少なものも存在。

また、魔導書には持ち主の成長によって、新たな魔法が刻み込まれることも。魔導書を使えるのは持ち主のみだが、希少なものはコレクターの間で高値で闇取引されており、盗賊の標的にもなる。

登場作品

魔神によって絶滅の危機に瀕する人類を救った1人の魔道士。後に彼は魔法帝と呼ばれ伝説となった。最果ての町の教会に暮らす孤児の少年アスタは、自らが伝説の魔法帝になることを夢見て、日々特訓に明け暮れるものの...