魔狼の右手

魔狼の右手

わたしの狼さん。(漫画)、所持者に絶大な力を与える右手。

登場作品
わたしの狼さん。(漫画)
正式名称
魔狼の右手
ふりがな
らいかんすろーぷのみぎて
関連商品
Amazon 楽天

概要

その威力は一撃でどんな敵も倒してしまうほどである。代々の魔王に受け継がれてきた右手であり、死ぬまで切り離すことができない。ただしどんな者にでも移植できるわけではなく、魔狼の右手の方が所有者を選ぶ立場にある。移植の儀式で魔狼の右手に選ばれなかった場合、拒絶反応によって醜い獣になってしまう。

また、たとえ魔狼の右手の移植に成功したとしても、人間を倒し続けない限り、侵食とその拒絶反応に苦しむこととなる。右手による侵食がさらに進行した場合、最後には理性が失われてしまう。

登場作品

わたしの狼さん。

レベル0の弱い勇者である小桃=サクライと魔王である昴=ハーネストの関係を描いたファンタジー作品。ファンタジックな世界観を土台としているが、それ以上に小桃と昴の恋路に焦点が当てられている。「月刊ガンガン... 関連ページ:わたしの狼さん。

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
わたしの狼さん。
logo