• 魔界転生 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 魔界転生

魔界転生

魔界転生

魔界転生(漫画)に登場する用語、もしくは術。読みは「まかいてんしょう」。

登場作品
魔界転生(漫画)
正式名称
魔界転生
ふりがな
まかいてんしょう
関連商品
Amazon 楽天

概要

森宗意軒が編み出した忍法。死の間際にあっても生きたいと願う強靭な意志の持ち主が術をかけた女性と交合。本人が死んだ後に、魔界と通じた女性の体内で魔物を使って体を構成、魔人として再び生を得る。肉体や精神が強化され、角や触手、岩の皮膚、病原菌などを身に宿して生まれ出る。術をかけるには森宗意軒の指が必要なため、回数に限りがある。

登場作品

魔界転生

島原の乱で死んだはずの天草四郎が、転生の秘術・魔界転生によって復活した。彼は宮本武蔵や宝蔵院胤舜、徳川頼宣を魔界衆に引き入れ、この世に大魔神王サタンを迎え入れようと策謀する。これを知った柳生十兵衛は、... 関連ページ:魔界転生

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo