魔送球

魔送球

巨人の星(漫画)に登場する送球術。

登場作品
巨人の星(漫画)
正式名称
魔送球
ふりがな
まそうきゅう
関連商品
Amazon 楽天

概要

戦争で肩を壊した星一徹が、送球の遅れをカバーするために開発した。投げた玉がランナーにぶつかるかのような軌道を描いて一塁手のグラブに収まるため、ぶつかると思った走者が一瞬ひるみ、その結果アウトとなる。「ぶつからないことがわかれば効果がないのでは」という川上哲治の問いに、一徹は「たまにぶつけてやればよい」と答えたが、「それではビーンボールと同じ」と諭される。

そのことを恥じた一徹が引退したため、誰も使う者はいなくなったが、息子の飛雄馬が子どもの頃から見様見真似で投げ方を覚えており、長嶋茂雄の巨人軍入団会見の席で、長嶋に向かって投げつけている。後に大リーグボール2号へと応用された。

登場作品

巨人の星

巨人軍のエースとして輝くことに命を賭ける星飛雄馬とその父・星一徹の生き様、さらにライバルたちと繰り広げられる激しい闘いの数々を描き、「スポ根」というジャンルを切り開いたとされる熱血野球漫画の傑作。原作... 関連ページ:巨人の星

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
巨人の星
logo