魚沼 宇水

魚沼 宇水

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)の登場人物。読みは「うおぬま うすい」。別称、盲剣の宇水。

登場作品
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)
正式名称
魚沼 宇水
ふりがな
うおぬま うすい
別称
盲剣の宇水
関連商品
Amazon 楽天

概要

十本刀の一人で、瀬田宗次郎に次いで二番目に強いとされている。十本刀加入前は幕末方の暗殺者だった。その時志々雄真実と対決し両目を切り裂かれてしまい、視力を失い幕府からも捨てられてしまう。しかし、山を流離っている時に自分の聴覚が異常に研ぎ澄まされていることに気が付き、盲目ながらもあたかも目があるように周囲の状況を把握できるようになる。

その後は志々雄に声をかけられて、いつでも殺していいことを条件に十本刀に加入。隙を見つけては志々雄に攻撃を仕掛けている。しかし、内心では志々雄の力に圧倒され、復讐を諦めかけている。琉球出身で、亀甲型の楯ティンベーと、石突きに鉄球の付いた槍ローチンを武器としている。

関連人物・キャラクター

志々雄 真実

弱肉強食を信条とし、強者が弱者を淘汰する社会の構築を目論んでおり、京都を中心に強力な派閥を作り上げていた。元は緋村剣心の後を継いで、佐幕派の要人暗殺に当たっていた維新志士だったが、その野心を警戒されて... 関連ページ:志々雄 真実

関連キーワード

十本刀

『るろうに剣心』に登場する集団。志々雄真実直属の腕利き十人を指す。長い間戦闘に参加出来ない志々雄の体質による弱点をカバーするために集められており、曲者が集う。志々雄の命令に忠実に従うが、その目的は各々異なっている。

登場作品

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

幕末の動乱、「人斬り抜刀斎」と恐れられた維新志士緋村抜刀斎は、新時代・明治の幕開けとともに突如姿を消してしまう。抜刀斎の名を捨て緋村剣心として生きる事を決めた彼は、「不殺」の信念のもと、決して人を斬る... 関連ページ:るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

SHARE
EC
Amazon
logo