鮎沢【祖父】

突撃ラーメン(漫画)の登場人物。読みは「あゆざわ」。別称、一代目。鮎沢錦とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
突撃ラーメン(漫画)
正式名称
鮎沢【祖父】
ふりがな
あゆざわ
別称
一代目

総合スレッド

鮎沢【祖父】(突撃ラーメン)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

鮎沢錦の祖父。悩む鮎沢錦おやじが、男として取るべき態度を伝える逸話の中で登場。日露戦争に軍夫として戦地での食事係をしていた。納得できる味を追求して、朝から3時間以上も兵達を待たせて調理をするが、それだけの価値がある味と兵達からは絶賛されている。例え時間を掛けても、自分が満足できない時には鍋を足蹴にして台無しにしてしまうため、上官の中隊長からは、国の一大事に軍人らしからぬ意気地なしと罵られる。

圧倒的不利な戦況にも関わらず、敵陣に一流の料理人である台三元が居ると分かると、次々と兵が倒れていく中をたった一騎で司令官の元へと突撃をして、周囲を驚かせる。敵地に乗り込むと、降伏した将校を尻目に台三元の元へ行き、そのまま弟子入りを志願する。

度胸と味を見極める舌の確かさを認められ、弟子として迎えられ奉天に移り修業を受けた。

登場人物・キャラクター

主演のテレビドラマ突撃刑事が人気の新鋭スター。格好悪い事を嫌い、店も持たず屋台を引いて貧しい暮らしをしているおやじの事を軽蔑し、世間にその関係を秘密にしている。相手に真正面からぶつかっていく向こう見ず...

登場作品

トップスターとして活躍する鮎沢錦には、命懸けで味を追求した祖父の魂を引き継ぎ、東京の外れでラーメン屋として屋台を引くおやじがいた。店も持たないおやじをどこかで恥じている人気商売の息子と、派手な仕事を辞...