鯉淵 修

海月姫(漫画)の登場人物。読みは「こいぶち しゅう」。鯉淵慶一郎、鯉淵蔵之介とは親族関係にある。

  • 鯉淵 修
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
海月姫(漫画)
正式名称
鯉淵 修
ふりがな
こいぶち しゅう

総合スレッド

鯉淵 修(海月姫)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

30歳。鯉淵慶一郎の息子で、父の政治秘書を務める。鯉淵蔵之介の異母兄にあたり、蔵之介に対しては実の兄のように親密に接している。堅実で真面目な性格。女性に苦手意識があり、30歳過ぎても童貞。蔵之介によってメイクアップした倉下月海に一目惚れする。当初は普段の姿の月海に会っても本人とは気付かなかったが、のちに同一人物であることを知る。

以降、月海への好意を深め、ついに想いが叶って清い男女交際を始めることとなる。

登場人物・キャラクター

蔵之介と修の父親。大臣経験もある国会議員。蔵之介の女装姿を「一族の恥」として毛嫌いしている。実は大の女好きで、「オカマ以外全部あり」と豪語する、非常に広いストライクゾーンを持つ。
18歳。イラストレーターを目指して鹿児島から上京し、天水館の住人となる。子どもの頃からクラゲが大好きで、その結果、重度のクラゲオタクとなった。普段は眼鏡で三つ編み、上下とも地味な色のスウェットを着てお...
大学生。元大臣・鯉淵慶一郎と舞台女優リナとの間に生まれた。小さい頃は母と暮らしていたが、のちに慶一郎に引き取られる。鯉淵修は異母兄弟の関係。政界ではなくファッション界で生きていきたいと思っているため、...

登場作品

作品誕生のいきさつ『ひまわりっ~健一レジェンド~』『ママはテンパリスト』とヒット作を送り出してきた作者・東村アキコが、「初めて本気を出して少女漫画に取り組んだ」と語る作品。それまでは、描きたいものを勢...