鯖江 詮房

首代引受人(漫画)の登場人物。読みは「さばえ あきふさ」。

  • 鯖江 詮房
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
首代引受人(漫画)
正式名称
鯖江 詮房
ふりがな
さばえ あきふさ

総合スレッド

鯖江 詮房(首代引受人)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

元は武士であったが、大阪夏の陣の落城時、城を出て逃亡しているところを東軍の武士に見つかり、殺されそうになる。そのさい、共にいた小姓たちの命を助けようと金千両の首代手形を発行する。だが、その後、野党となってしまった小姓たちによって両手両足を切られた上、中風を煩い、言葉も不自由となっている。

登場作品

首代手形を持つ者の依頼を受け、金銭の取り立てを行う浪人、首代半四郎と取り立てられる者、あるいは周囲の人間を描いた時代劇の短編連作。父と子の物語である第1話を皮切りに、人情話、叙述トリックを使用した物語...