鳥の息子

弥次喜多 in DEEP(漫画)の登場人物。読みは「とりのむすこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
弥次喜多 in DEEP(漫画)
正式名称
鳥の息子
ふりがな
とりのむすこ

総合スレッド

鳥の息子(弥次喜多 in DEEP)の総合スレッド
2016.10.07 14:20

概要

鳥と人との間に生まれた、鳥の顔に人の体をした生物。こうした姿をして生まれたため差別やいじめにあい、鳥の父を恨んでいる。弥次郎兵衛喜多八を探しメードロードへ赴く際、同行。すでに魂だけの存在となっているため、春が来ると腐ってしまうと言われる。若者らしい正義感と使命感を持つ。のちに弥次郎兵衛と喜多八を神とする宗教を立ち上げ、その宗主となる。

登場作品

弥次郎兵衛と喜多八は伊勢を目指して旅をしている。その途中、二人は様々な人々や得体のしれないものとの出会い、夢と幻覚が現実と重なり世界が曖昧になっていく。旅の途中、喜多八とはぐれた弥次郎兵衛は、喜多八を...