鳥の息子

鳥の息子

弥次喜多 in DEEP(漫画)の登場人物。読みは「とりのむすこ」。

登場作品
弥次喜多 in DEEP(漫画)
正式名称
鳥の息子
ふりがな
とりのむすこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

鳥と人との間に生まれた、鳥の顔に人の体をした生物。こうした姿をして生まれたため差別やいじめにあい、鳥の父を恨んでいる。弥次郎兵衛喜多八を探しメードロードへ赴く際、同行。すでに魂だけの存在となっているため、春が来ると腐ってしまうと言われる。若者らしい正義感と使命感を持つ。のちに弥次郎兵衛と喜多八を神とする宗教を立ち上げ、その宗主となる。

登場作品

弥次喜多 in DEEP

『真夜中の弥次さん喜多さん』の続編。『東海道中膝栗毛』を原案に、弥次郎兵衛と喜多八が伊勢を目指して旅をする様を、夢や妄想、幻覚を交えて描いたシュールで不条理な作品。第5回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞受賞... 関連ページ:弥次喜多 in DEEP

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
紅牛
集団・組織
場所
メードロード
logo