鳴沢 檀

ハツカネズミの時間(漫画)の登場人物。読みは「なるさわ まゆみ」。梛とは親族関係にある。

  • 鳴沢 檀
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ハツカネズミの時間(漫画)
正式名称
鳴沢 檀
ふりがな
なるさわ まゆみ

総合スレッド

鳴沢 檀(ハツカネズミの時間)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

鳴沢製薬社長と同時に蒼崚学園の校長を務める。の兄であり、と同じく幼いころに自身も蒼崚学園に入れられた。しかしとは異なり、蒼崚学園での生活を全うしている。優秀だが型破りなところはなく、そんな自分よりも父親である鳴沢製薬会長を評価していることを知り、自分の地位を脅かす可能性があると考えている。

そのため元々の消息は知っていたが放置したままにし、氷夏桐子を救うため蒼崚学園に侵入してきたをあえて見逃しもした。だが、それによって父親からの評価がさらに下がってしまう。に伴われた桐子とともに脱出しようとして踏みとどまった園倉茗と取引し、茗に毒物を持たせを亡き者にしようと画策。

ただしこの計画は、によって看破されるであろうと予測していた。異母妹である大滝木綿子を信頼し、自身の偽らざる心情を吐露することしばしば。

登場人物・キャラクター

幼いころに蒼崚学園に入れられるが、12歳で脱走に成功する。それ以降、独力で生き抜く。のちに同じく蒼崚学園から脱出した氷夏桐子と出会い、保護者のように面倒をみるように。大衆薬と生薬をブレンドしたオリジナ...

関連キーワード

『ハツカネズミの時間』に登場する企業。日本有数の大手製薬会社で、蒼崚学園を実験施設として生み出された製品を数多く市場に送り出している。また無事に蒼崚学園を卒業した生徒を従業員として採用。鳴沢檀が社長を...
『ハツカネズミの時間』に登場する学校。生徒たちにはエリート養成のための一貫校と説明されているが、その実態は鳴沢製薬によって身寄りのない子供たちが集められ、さまざまな試薬を投与するための実験施設である。...

登場作品

エリートを育成するため、幼いころから世俗から離れた環境で一貫教育を行う蒼崚学園。生徒たちは自分たちが通う学校に疑うことなく学生生活を過ごしていた。主人公の高野槙もそのひとり。しかし槙の日常は、氷夏桐子...