鳴海 ユリ

鳴海 ユリ

ヨリが跳ぶ(漫画)の登場人物。読みは「なるみ ゆり」。別称、小ヨリ。鳴海蘭とは親族関係にある。

登場作品
ヨリが跳ぶ(漫画)
正式名称
鳴海 ユリ
ふりがな
なるみ ゆり
別称
小ヨリ
関連商品
Amazon 楽天

概要

実業団リーグの選手で、モンテル・ジャパンのバレー部キャプテン、鳴海蘭の妹。大学のバレー部に所属していたが、姉の薦めで大学を辞め、実業団入りした。メンタル面が弱く、大学時代は力を発揮できずにいたが、大久保ヨリとの対戦で自分の中の秘めた力に気づく。以来、大久保ヨリを憧れの対象として見るようになる。

関連人物・キャラクター

大久保ヨリ

18歳。沼里女子高の3年生でバレー部。得意技は、183センチの長身から繰り出す強烈なスパイク。ポジティブシンキングの固まりのような性格で、どんな困難に当たろうと決して自信を失わない。そのぶん思い込みも... 関連ページ:大久保ヨリ

鳴海蘭

実業団リーグの選手で、モンテル・ジャパンのバレー部キャプテン。大久保ヨリが所属するオグリ製菓バレー部のキャプテン、阿久津明美をライバル視している。独特の美意識を持っており、普段から宝塚の男役のような格... 関連ページ:鳴海蘭

関連キーワード

モンテル・ジャパン

『ヨリが跳ぶ』に登場する会社で、バレーボールチームを持っている。この会社のバレー部は、キャプテン鳴海蘭の影響で女性ファンが非常に多く、試合はいつも黄色い歓声で埋め尽くされている。 関連ページ:モンテル・ジャパン

登場作品

ヨリが跳ぶ

高校卒業を間近にひかえた大久保ヨリに、Vリーグの強豪チーム国舞リップスから声がかかる。しかし、それは選手としてではなく、練習でスパイクを打つ「打ち屋」としてだった。納得しきれないまま国舞リップスへ出向... 関連ページ:ヨリが跳ぶ

SHARE
EC
Amazon
logo