鵜堂 刃衛

鵜堂 刃衛

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)の登場人物。読みは「うどう じんえ」。別称、黒笠。

登場作品
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画)
正式名称
鵜堂 刃衛
ふりがな
うどう じんえ
別称
黒笠
関連商品
Amazon 楽天

概要

幕末にどこの派閥にも属さず、殺しを請け負っていた人斬り。殺しについて独自の美学を持つ。黒い笠を着用していることから、黒笠と呼ばれる男。強敵との戦いを好み、緋村剣心が過去最強の剣客と呼ばれていたことを知ると、神谷薫を拉致して剣心の怒りを誘い、戦いを挑んだ。実在した剣術流派、二階堂平法の達人。

目を合わせた相手を金縛りにする心の一方の使い手。幕末期に人斬り以蔵と恐れられた岡田以蔵をモデルとしている。

関連人物・キャラクター

緋村 剣心

幼名は心太。短身痩躯で赤毛の優男で、左頬に十字傷がある。一人称は拙者、語尾は「ござる」。天涯孤独の身だったが、幼少のころ比古清十郎に拾われ剣心という名を与えられ、古流剣術飛天御剣流を教わる。幕末期には... 関連ページ:緋村 剣心

登場作品

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

幕末の動乱、「人斬り抜刀斎」と恐れられた維新志士緋村抜刀斎は、新時代・明治の幕開けとともに突如姿を消してしまう。抜刀斎の名を捨て緋村剣心として生きる事を決めた彼は、「不殺」の信念のもと、決して人を斬る... 関連ページ:るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-

SHARE
EC
Amazon
logo