鵜野讃良皇女

天上の虹(漫画)の主人公。読みは「うののさららのひめみこ」。別称、讃良。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天上の虹(漫画)
正式名称
鵜野讃良皇女
ふりがな
うののさららのひめみこ
別称
讃良
別称
讃良皇女
別称
持統天皇

総合スレッド

鵜野讃良皇女(天上の虹)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

645年、父の中大兄皇子が中臣鎌足と共に大化の改新を成し遂げ、その年に誕生した。中大兄の第二皇女。祖父の命を奪い、母の心を犠牲にしてまで政権に固執する父を恨み、父に負けない力をつけようと、幼いながらも心に誓う。しかし12歳では抗う力もなく、父の命令で叔父の大海人皇子のもとに嫁ぎ、跡継ぎとなる草壁皇子を産む。

思った事をはっきりと口に出すしっかりした利口者で、政治的才能にも恵まれる。父への反発心は、やがて大海人を天皇にするという確固たる意志へと変わり、夫と二人三脚で壬申の乱での勝利を収めた。しかし、権力固めのために次々と妻を娶り子を成す夫を、愛するが故に常に己の嫉妬心と葛藤する。

苦悩の末、やがて讃良は、夫の戦友として生きることを決意。夫の死後は自ら天皇の座に就き、日本を立派な律令国家とすることで、己の愛を顕現させようとする。歴史上の実在の人物、鵜野讃良皇女(持統天皇)がモデル。

登場作品

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子を父に、その弟の大海人皇子を夫に持ち、自らも天皇の座に就いた女帝、持統天皇こと、鵜野讃良皇女。幼い頃、政権に固執して祖父の命と母の心を奪った冷酷な父、中大兄皇子への憎し...