鶴見

鶴見

ゴールデンカムイ(漫画)の登場人物。読みは「つるみ」。

登場作品
ゴールデンカムイ(漫画)
正式名称
鶴見
ふりがな
つるみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

第七師団所属の陸軍中尉で、二○三高地に国旗を突き立てた小隊長の男性。日露戦争の奉天会戦で砲弾の破片を顔に受け、頭蓋骨の前面を吹き飛ばされたため、額に固定具を装着している。同時に前頭葉も損傷したと語っており、その影響からか上官の指を食い千切ったり、刺青人皮を自身で身に付けて保管しているなど、狂人のような行動が目立つ。その一方、情報将校ということもあり、情報収集や分析力に優れる冷静な面も持ち合わせている。また、人心の掌握にも長けており、心酔する部下も多い。無謀と思われた旅順攻囲戦に部下を向かわせ、犠牲を出した結果、参謀長であった元第七師団長、花沢幸次郎中将は自責の念から自刃。政府部内では部下たちの落ち度とされ、勲章も報奨金も与えられずに冷遇されていた。その境遇に怒り、何も得られずに屯田兵として過酷な環境に置かれている兵士たちとその関係者を救済すべく、アイヌ民族の金塊を追っている。果ては第七師団を掌握し、金塊を元手に武器を買いつけて北海道全域を占領し、軍事政権の樹立を目論む。好物は和菓子。嫌いなものは酒類。

登場作品

ゴールデンカムイ

舞台は明治時代後期の北海道。日露戦争に従軍して「不死身の杉元」と謳われた兵士、杉元佐一が、戦友であった寅次の妻、梅子を救う大金を得るため、死刑囚たちが隠したという莫大な埋蔵金を追って、大自然に生きるア... 関連ページ:ゴールデンカムイ

SHARE
EC
Amazon
logo