鷲巣麻雀

アカギ ~闇に降り立った天才~(漫画)に登場する麻雀のルール。読みは「わしずまーじゃん」。

  • 鷲巣麻雀
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アカギ ~闇に降り立った天才~(漫画)
正式名称
鷲巣麻雀
ふりがな
わしずまーじゃん

総合スレッド

鷲巣麻雀(アカギ ~闇に降り立った天才~)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

主な特徴は、2対2のタッグ戦で、コンビ打ちは黙認される。4牌中3牌がガラスで出来ている。半自動卓で配牌、ドラ、ツモを卓の中央の穴から取る。盲牌防止の皮手袋着用。配牌の後、親がドラ表示牌を1枚引く。裏ドラは和了した後、1枚引く。暗カン、明カン問わず、捨て牌の合計70牌で流局。

そして最大の特徴として、鷲巣巌は現金を、対局相手は自らの血液を賭ける。レートは、10cc=10万円=1000点、各持ち点は20万点。血液の場合、和了、半荘終了時、点数に応じて取り戻すことができる。さらに、鷲巣巌と対局相手間での点棒授受の際に、追加で現金、血液を支払うことになる。清算は半荘終了毎、鷲巣巌と対局相手の点差に応じて現金、血液の支払いを行う。

対局は半荘6回。

登場作品

1958年、高度経済成長の傍ら、裏社会で一つの伝説が始まろうとしていた。命懸けのギャンブルを生き残り、雨降る中、場末の雀荘・みどりに迷い込んだ、主人公赤木しげる。そこでは借金返済を賭けた麻雀を打つ男南...

アニメ

時は昭和33年。借金の清算を賭けてヤクザと麻雀勝負をする南郷の元に現れた、謎の少年・赤木しげる。死線を越えた勝負を生き抜いてきた者だけがもつ気配を赤木から感じとった南郷は、麻雀に関しては素人同然の彼に...