鷹司 誠士

サラリーマン金太郎(漫画)の登場人物。読みは「たかつかさ せいじ」。金太郎とはライバル関係。

  • 鷹司 誠士
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サラリーマン金太郎(漫画)
正式名称
鷹司 誠士
ふりがな
たかつかさ せいじ

総合スレッド

鷹司 誠士(サラリーマン金太郎)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

黒川社長より次期社長候補にと請われてヤマト建設に入社した元通産省の官僚。三田善吉の教えを受けた弟子でもある。金太郎に対して極度のライバル意識を燃やしており、ことあるごとに追い落としを画策する。アクアライン未来都市構想では、女性を使って金太郎の企画をスパイさせたが、金太郎の態度に心服した大島源蔵に裏切られた。

後に、東紅前野久美に諭されて金太郎を手助けすることを心に誓い、続編では正真正銘の協力者となって尽力する。

登場人物・キャラクター

政財界に圧倒的な影響力を持つ総会屋の大物フィクサー。自分の息子の顎を砕いた金太郎を一度は潰そうとするも、理屈が通った金太郎の喧嘩とその心意気を大いに気に入り、以後は金太郎の理解者として力を貸す。ジャル...
創業からの叩き上げで大和会長派の専務取締役。大島解任劇の後に、ヤマト建設の三代目社長となり辣腕を振るう。大和会長と同じく金太郎を可愛がっているが、その一方で美鈴と結婚した金太郎を羨ましくも思っている。...
漁師をやっていた際に漂流中の大和守之助を救った縁で、ヤマト建設の総務部庶務課の見習い社員として採用される。大和会長が派閥争いに勝利した後は営業部の正社員となり、以後は東北支社勤務、ナビリア出張、営業二...
昼は東紅の受付嬢、夜はジャルダンで働いているが、実は東紅の個人筆頭株主である。金太郎を一目見て好きになり、自分の判断で東紅の人事課長に取り次いだ。その後、鷹司からプロポーズされた際には、受ける条件とし...

関連キーワード

『サラリーマン金太郎』に登場する会社組織。創業者は大和守之助。耐震建築のノウハウに優れており、後にコンピューター制御システムに優れた中央建設と合併し、ヤマト中央建設として生まれ変わった。

登場作品

かつて暴走族集団八州連合を率いていた漁師の矢島金太郎は、事故で漂流中の大和守之助を救った事をきっかけにヤマト建設の見習い社員として入社する。当時のヤマト建設では、創業者の大和会長派と天下り官僚の大島社...