鹿子木 善七

鹿子木 善七

ちづかマップ(漫画)の登場人物。読みは「かのこぎ ぜんしち」。鹿子木千束とは親族関係にある。

登場作品
ちづかマップ(漫画)
正式名称
鹿子木 善七
ふりがな
かのこぎ ぜんしち
関連商品
Amazon 楽天

概要

鹿子木千束の祖父で、古美術商を営む眼鏡を掛けた男性。副業で尋ね人探偵もしており、戦後から60年もの間続けている。街文化に関して幅広い知識を有し、千束の興味を持った分野に関しても大抵の事は知っている。頑固で拘りの強い性格だが、初めて購入したパソコンを千束よりも使いこなしてしまう柔軟さも兼ね備えている。

孫の千束には厳しく当たっており小言が絶えない。普段は言葉少なで素っ気ないが、街文化のこととなると流暢に語り出す。探偵という職業柄もあってか、広い人脈をもち、人望も厚い。

関連人物・キャラクター

鹿子木千束

古地図が好きな16歳の女子高校生。三四郎とは幼馴染みで、何かと行動を共にすることが多い。祖父の鹿子木善七の大事な箪笥を壊してしまったために、弁償代として祖父の副業である“尋ね人探偵”を手伝うことになる... 関連ページ:鹿子木千束

登場作品

ちづかマップ

古地図が好きな女子高生、鹿子木千束は、ある日古美術商を営む祖父鹿子木善七の商売道具である高級箪笥を壊してしまう。箪笥代を弁償させるために、善七は副業である尋ね人探偵の手伝いを千束に命ずる。試行錯誤では... 関連ページ:ちづかマップ

SHARE
EC
Amazon
logo