鹿島 景紀

ぴっぴら帳(漫画)の登場人物。読みは「かしま けいき」。別称、景ちゃん。

  • 鹿島 景紀
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ぴっぴら帳(漫画)
正式名称
鹿島 景紀
ふりがな
かしま けいき
別称
景ちゃん
別称
景さん
別称
景紀

総合スレッド

鹿島 景紀(ぴっぴら帳)の総合スレッド
2016.07.27 13:24

概要

かつみの従兄。学習塾の国語の講師をしている男性。セキセイインコのちっちらさんの飼い主。ちっちらさんに何されても笑顔で世話をする良い人だが、昔は相当荒れていた。今も当時の癖が抜けきれず、交番にいる警察官を警戒したり、キミ子の欲しいものが「コ」始まりのものだと知った時、骨格標本をプレゼントしていた。

ちなみにそれ以外のプレゼントの候補は「こん棒」と「コブラ」。キミ子に惚れるが、キミ子綱吉が好きなのだと知り諦める。後にキミ子の姉のトキ子と結婚する。

登場作品

玉村キミ子はある日、道でセキセイインコを拾う。迷い鳥の名前はぴっぴらさん。ぴっぴらさんと暮らし始めたキミ子はぴっぴらさんを通じて様々な小さな発見と驚き、そして幸せを見つけていく。