鹿沢 練二

鹿沢 練二

包丁人味平(漫画)の登場人物。読みは「しかざわ れんじ」。別称、無法板の練二。

登場作品
包丁人味平(漫画)
正式名称
鹿沢 練二
ふりがな
しかざわ れんじ
別称
無法板の練二
関連商品
Amazon 楽天

概要

高級レストランや料亭の料理に因縁を付け、賭け包丁(料理勝負)で大金を巻き上げるゴロツキ。「白糸バラシ」、「地雷包丁」といった独自の技を使いこなす。かつては五条流の料理人として修行していたが、胸の病により2年間の療養生活を余儀なくされ、身を持ち崩す。点心礼勝負の終盤に乱入し、味平を挑発。

味平荒磯勝負に引きずり込む。

関連人物・キャラクター

塩見味平

日本料理の名人である父を尊敬しているが、誰もが食べられる安くて美味しい料理を作りたいと考え、洋食屋・キッチンブルドッグの見習いコックとなる。実は魚が苦手で、魚に触れると蕁麻疹が出てしまう(魚料理の勝負... 関連ページ:塩見味平

関連キーワード

荒磯勝負

『包丁人味平』で行われた料理勝負。駿河湾沖の海流の難所である「荒磯の板場」に浮かべた小船の上で、焼き魚を作り、その数と質を競うという危険極まりない勝負である。 関連ページ:荒磯勝負

登場作品

包丁人味平

中学を卒業したばかりの少年塩見味平は、日本料理の名人である父の反対を押し切って、洋食屋・キッチン・ブルドッグの見習いコックとなる。しかし、修行中のトラブルから、日本料理界に伝わる包丁試しの勝負を受ける... 関連ページ:包丁人味平

SHARE
EC
Amazon
logo