鹿賀 りん

うさぎドロップ(漫画)の登場人物。読みは「かが りん」。大吉、鹿賀宗一とは親族関係にある。

  • 鹿賀 りん
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
うさぎドロップ(漫画)
正式名称
鹿賀 りん
ふりがな
かが りん

総合スレッド

鹿賀 りん(うさぎドロップ)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

鹿賀宗一吉井正子の間に生まれた女の子。自分のことは自分でやるという強い意志を持っている。宗一の隠し子だったため、彼の親族たちに存在を知られていなかった。宗一が亡くなったことにより孤児になってしまう。宗一の葬儀で出会った彼の孫河地大吉に引き取られてからは大吉が住む家で暮らし始める。

共同生活を始めた当初は、「死」に対して恐怖を抱えてひとり思い悩んでいたが、大吉に慰められたことがきっかけで悩みが吹っ切れた。以降、大吉に対して徐々に心を開いていくようになる。戸籍上では大吉の叔母にあたる存在。

登場人物・キャラクター

衣料品メーカーで働いている、30歳独身サラリーマン。芯が強くて正義感に溢れているが、うっかりした一面もある。祖父鹿賀宗一の葬儀で彼の隠し子鹿賀りんと出会い、引き取りを渋る親戚らに代わって彼女の世話をす...
河地大吉の祖父で鹿賀りんの父親。大吉が30歳、りんが6歳のときに亡くなる。存命していたころ、親族に内緒でりんのことを育てていた。その際、りんの母親吉井正子を家政婦として雇っていたことがある。りんや正子...

関連キーワード

『うさぎドロップ』に登場する保育園名。仕事を早く上がれない河地大吉が鹿賀りんを預けた場所。この場所でりんは、わんぱく少年二谷コウキと出会う。大吉が、後々よき理解者となるコウキの母二谷ゆかりと初めて出会...

登場作品

三十路の独身サラリーマン河地大吉は、祖父鹿賀宗一の訃報を聞き駆け付けた先で見知らぬ少女と出会う。宗一の隠し子であったその少女鹿賀りんは、一切言葉を発しようとしない無愛想な子だったため、周囲からあまりい...