麻生 遥

麻生 遥

剛球少女(漫画)の主人公。読みは「あそう はるか」。別称、麻生。

登場作品
剛球少女(漫画)
正式名称
麻生 遥
ふりがな
あそう はるか
別称
麻生
関連商品
Amazon 楽天

概要

港北大学付属湘南高等学校野球部員。父親は元プロ野球選手の夏川啓吾、母親は女優の麻生優美。左投左打の投手で、トルネード投法で投げる。茶髪の長い髪をまとめずにプレーする美少女。中学まではリトルリーグの湘南マリナーズで投げていた。女子選手の公式戦への出場は認められていないという厳しい現状でも、父の遺志を受け継ぎ、夢を諦めず甲子園を目指す。

当初はバッティングピッチャーからスタートし、やがて公式戦ではない練習試合限定で登板するようになる。武器は129kmでも140kmのように感じる手元で伸びるストレートと、亡き父とともに開発したナックルボール。当初は練習試合限定のはずだったが、周囲の後押しで高野連を動かし、ついには正式に公式戦のマウンドに立てるようになった。

最終的には甲子園に出場し、さらにはアメリカの3Aでプロとして投げるまでになった。そして彼女の活躍により、甲子園を目指す女子選手が増えるようになった。

登場作品

剛球少女

麻生遥は幼い頃から、プロ野球の一流投手だった亡き父、夏川啓吾の英才教育を受けてきた。彼女は父の母校である野球名門校の港北大学付属湘南高等学校に入学して野球部に入部しようとするも、女子は公式戦に出られな... 関連ページ:剛球少女

SHARE
EC
Amazon
logo